園のこだわり

  1 2 3 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

 新年度がスタートして2ヶ月が経ち、子どもたちの活発さが増してきました。園生活に慣れ楽しさを満喫していることが感じられます。2歳児たんぽぽ組の子どもたちも一人遊びか主流だった姿から、お友だちを意識して「お友だちと一緒に遊ぶことや、お友だちと同じ事をしたり やり取りを楽しむ」ようになりました。親や保育士等 大人との一対一の関わりから、同年齢の子どもたちと遊ぶ楽しさを知るようになり順調に成長していることが嬉しく思われます。

 そんな中でお友だちと一緒に、良いことも悪いことも楽しんでしまいます。この時期にしっかりと良し悪しを教えていくことが大切ではないかと感じます。集団で関わる良さや楽しさを保障しながら善悪の判断をその都度伝え、一人一人にその事が自然に身に付いていかれることを願っています。  〈2歳児担当保育士〉

 

カテゴリー 園のこだわり

 ホームページに掲載されるお子さんたちの写真についてアンケートをさせていただきましたが、集計も終わり、やっとのことで承諾書も完成いたしました。 明日、保護者の皆様に配布させていただきます。

 子ども達の環境が更に良くなって欲しいと、そのことを目的に発信してきたこのホームページが最終的にお子さんたちに不幸なことが降りかかってきてしまうということの無いようにしていきたいと思い、保護者の皆様にも喜んでいただけるような安全で楽しい運営をしていくための方針を考えました。 アンケート集計結果「園のホームページ運営について」および「承諾書」をご覧いただき、ご納得いただいた上で承諾書にサインをお願いいたします。 

 アンケート回収率は100%。  皆様からたくさんの励ましやご提案を頂きました。 皆様のご理解とご協力に今回も助けていただきました。 心より感謝申し上げます。

カテゴリー 園からのお知らせ 園のこだわり 園長ブログ

 保育園での食事の最終目標は「色々な物を残さず食べる」ですが、先ずは「楽しく食べる」ということを第一に毎日楽しい食事にしています。楽しい食事というのは、「おいしいね」などと話しながら楽しく、という事はもちろんですが『食べたい物を自分で食べる』という事です。

 1歳児クラスの食事も、全種類の食事をトレーに置いて子どもたちに配ります。なのでもちろん大好きな果物から食べる子もいます。また、好きな物だけ食べて「おかわり」と言う子もいます。他の物も食べるよう一応声は掛けますが、口うるさくは言わず、おかわり分をあげています。それでも全部キレイに食べる子は食べますし、苦手な物を食べずに残す子は残します。でも今は、それでも良いと思っています。何故なら、「食べることが嫌い!!」という子になって欲しくない事。また、食事を自発的に楽しむ事が出来るようになって欲しいからです。「食べさせる」ではなく「食べたい」という意欲を持ち、「おいしかった」という余韻を持てるような食事にしたいと思っています。

 0・1歳児の子ども達が自分で食べるという事は、洋服が汚れたり 床が食べこぼしで汚れたりと、普段お仕事や家事などでお忙しいお母さん方にとっては掃除や洗濯物が増え大変な事だと思います。時間に余裕がある時は出来ると思いますが、保育園ではこのような事は気にせず、楽しい食事にする事が出来ます。

 「園での食事」・「家庭での食事」 どちらにでも言える事ですが、食べこぼしなどが多いという事は「自分で食べる意欲があった」と言うことなので、その姿を認めてあげたり、誇らしく、嬉しく思って頂けたらと思います。             〈0.1歳児担当 保育士〉

 

カテゴリー 園のこだわり

コーナー遊び

2012.05.25

2階 以上児の部屋には、様々なコーナーが常設されています。その日の気分により遊びたいコーナーを自由に選び、遊んでいます。いつも同じ場所に同じ玩具や道具があり、「あそこに行けばあれがある!」という安心感や、「明日も続きが出来る!」という保証された環境の下、大好きな遊びに熱中している子どもたちです。毎日同じ遊びをしているようでも、ただ同じ事を繰り返すばかりではなく、日々変化し、パワーアップしています。

自分の好きな遊びに熱中する事はとても良いことですが、毎日同じ遊びで、他のことに興味を示さない…という“かたより”も出てきてしまいます。その為、時には保育士が遊べるコーナーを決めたり、“こんな事を経験して欲しいな…”というものをクラスごとの活動に取り入れたりして、様々な経験をしていけるようにしています。

また最近は常設のコーナーのみでなく、“絵本読み聞かせのコーナー”などを設置し、「○時になったら始まるよ!」と伝え、見たい人が集まるというコーナーも行なっています。保育士の得意なことも生かし、子どもたちに様々な事を提供していきます。

たくさんの事を吸収するこの時期、色々なことを経験し挑戦することで、子どもたち一人ひとりが活動の幅を広げていって欲しいと思います。

カテゴリー 園のこだわり

意欲無限大!

2012.05.18

最近の体操教室では、鉄棒で前まわりに挑戦しています。鉄棒が得意ですぐにやってできる子、補助をすればできる子、恐怖心から、体の力が抜けずに上手く回れない子など様々ですが、体操の先生に”鉄棒を見ながら回ると怖くないよ”、”うんていやのぼり棒で腕の力を鍛えると鉄棒が上手になるよ”とアドバイスをもらうと、次の日から前まわりの練習をしたり、うんていやのぼり棒をしたりと、教えてもらったことをしっかり覚えていて、練習に励む子どもたちの姿がありました。

「○○くんみたいに上手になりたいから」と、友だちの姿を認めたり、時には競い合ったりしながら楽しく練習をしていました。子どもたちの、もっとできるようになりたいという意欲には日々驚かされています!

何事にも意欲的に取り組めるのは素敵なことですよね。これからも子どもたちの姿を良く見取り、様々な力が引き出されるようにしていきたいです。

 

カテゴリー 園のこだわり

 当園のホームページを楽しみにしてくださっている方が多くいらっしゃると聞き、大変嬉しく思っておりますと共に、これも一重に、皆様の暖かいご理解とご協力あってのことと深く感謝申し上げます。

 

  保護者の皆様のご理解を得てこのホームページに掲載させて頂いていると思っておりました「お子さまの写真」につきまして、『かんぎおんは保護者に対して、なんら 掲載の了解を とっていません 』 と、こども未来部部長様宛に(写真の掲載をしていないお子さまの保護者から)ご指摘等がありました。

 

  当園では幾度となく「ホームページについて」及び「お子さまの写真掲載について」公の場でご説明させていただいたり、申し出ていただくようお願いしたり、プリントを配布するなど再三努めてきたつもりでおりました。 

 

  当園では、上記のような方法で周知徹底に努力する他、お子さまのお顔がはっきり分かる写真につきましては、個別に再度了解を得るなど、細心の注意を払い、日々努力しておるところでありますが、万が一このようなご指摘が他の方からもあるようでは困りますので、この事実を踏まえ確認が取れるまで一時更新を停止致します。

 

 給食など、子どもの顔写真が載らない記事につきましては、そのまま更新を続けさせていただきますが、 どうかご理解の程、宜しくお願い致します。

 

  尚、今後、アンケート調査などしていく予定ですが、先ずはご報告致します。 保護者の皆様へご理解をお願いするとともにご意見をお待ちしております。

カテゴリー 園からのお知らせ 園のこだわり 園長ブログ

 新年度が始まり、子どもたちの元気な声が園内に響き渡っています。朝の会で一人ひとりの名前を呼び「今日のお休みは誰かな?」と尋ねると、「○○せんせい!!」と昨年度の担任の先生をあげる2歳児のたんぽぽさん。

 そんな、2歳児たんぽぽさんの好きな本の一冊に『 わにさん どき はいしゃさん どき 』の絵本がありますが、これも昨年度の担任の先生が読んでくれた絵本です。

・・・この保育をしているとチーム保育・連携の大切さが頭に浮かぶのですが、今まで子どもたちが体験・経験してきたこと、そして昨年度までの担任の先生の思いを心に留め 日々保育していきたいと思います。

・・・春です!!  心も体も、なんだかワクワクしてくるこの季節。かわいらしい たんぽぽさん。今日はどんな姿を見せてくれるかな・・・?
     〈2歳児 担当保育士〉

カテゴリー 園のこだわり

   新年度が始まり、早3週間。すみれ組(年少)さんも、少しずつ2階(3才以上児オープンスペース)での生活に慣れてきました。そんな中、外遊びをしている時に、うんていの遊具で遊んでいた年少児のAちゃんが、途中で下りられなくなってしまい、怖い思いをして泣いていました。保育士に手伝ってもらい下りた後に、その様子を見ていた年長児のBちゃんCちゃんがかけ寄ってきて、「Aちゃん大丈夫?」「怖かったの?」と声を掛けてくれました。さらに、「自分で下りれる所までしか行っちゃいけないんだよ!」「ここから登れば怖くないよ。行こう!」と言って、今後はどうしたらよいのか、優しく教えてあげ、次の遊びへと移って行きました。最後まで保育士が声を掛けることなく、年長児2人の優しさと声掛けだけでAちゃんが納得出来たこと、すごいですよね。これからも、このような関わりが増えて行くことを願っています。(以上児担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり

            – 愛着関係Ing  –

 初めて親元から離れ新しい環境で過ごす子どもたち。おもちゃで遊ぶのも・・ミルクを飲むのも・・眠るのも・・何となく不安で落ち着かない様子です。

 ベビールームでは、一人ひとりの生活リズムや、その子らしさを保護者の方と話し合い、初めての園生活が安心できる(もう1つの家庭)になるよう子どもの様子をゆっくりと見守っています。子どもは、お世話をしてくれる大人との関係をベースに安心して遊びや生活を広げていくので、そのベースを育むために緩やかな担当制をとり子どもと 1対1の関わりを多く持ち愛着関係を深めています。又、「食事」 「睡眠」 「遊び」の生活ゾーンに分け、子どもたちが自分のペースで生活できるよう環境構成をしています。

毎日「歌あそび」や「触れ合い遊び」で楽しく過ごし、ただ今 愛着関係Ing(増進中) !!

カテゴリー 園のこだわり

お花まつり

2012.03.29

  入園・進級式も終え、いよいよ新年度がはじまりました。春の行事といえば「お花まつり」4月8日のお釈迦様のご生誕をお祝いする行事です。お釈迦様は、ルンビニーの花園でお生まれになり、すぐに七歩あゆまれ゛天にも地にも我一人゛と唱えられたそうです。お釈迦様の誕生を慶し、天に九匹の龍が現れて甘露の雨を降り注いだという様子を模して甘茶をかける儀式です。 お花で飾られた御堂の中に甘茶を入れたお盆を置き、右手で上を 左手で下を指し示したお釈迦様の生誕の姿を表したお像を置き、柄杓で甘茶を注ぎます。

 子どもたちも、先生から紙芝居を読んでもらい「お花まつり」の事を教えてもらいます。゛のの様のお誕生日! ゛と嬉しそうにしつつも、緊張した面持ちで甘茶かけをおこなう姿は入園・進級をした子どもたちのこれからの成長をとても楽しみに感じさせてくれる光景です。 園生活を通して、お友達との関わり方や集団生活のルールを学ぶと共に 規則正しい生活リズムを身にけ病気にも負けない体づくりをして欲しいです。    〈 一時保育担当 保育士 〉

カテゴリー 園のこだわり

  1 2 3 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25