園のこだわり

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 28 29 30

朝大好きなお母さんから離れ、大声で泣き、保育教諭におんぶや抱っこをしてもらうことが多かった新入園児のAちゃん。

新しい環境になったり、泣いたり不安そうな新入園児さんの顔を見て不安になり、つられて泣き、膝の上で抱いてもらったり、手を繋いであげるとどこへ行くにもその手を離さなかった進級児のBちゃん。

そんな二人が最近では不安がなくなり、気持ちが安定していきたようで、保育教諭から離れ、お気に入りのおもちゃを見つけて、遊ぶようになってきました。

子どもたちの順応性を感じながらも、これからも安心して過ごせるよう関わっていきたいと思います。

<延長保育担当保育士>DSCN0565

カテゴリー 園のこだわり

無題新年度がスタートしてから、もうすぐ一か月が経ちますね。

新しい環境の中で、最初は不安で泣いてしまう子もいましたが、少しずつ保育教諭にも慣れて、抱っこしてもらったり、気に入った玩具で一緒に遊んでもらったりしながら、ニコニコと機嫌よく過ごせる時間が増えてきました。特に外で遊ぶのが大好きな子どもたち。戸外遊びの準備を始めると、自分から気付いて上着を持ってきて、“きせて!”と言うようにアピールしてくる姿が見られます。

外に出ると砂場やアンパンバス、すべり台など、興味のある場所で、思い思いに遊んでいます。春の風が吹く中で、伸び伸びと過ごしている子どもたちです。これから暖かい日もだんだんと多くなってきますね。

戸外遊びや散歩など、外に出る機会も増えてくるので、春の自然に触れ、子どもたちと驚きや発見を共有しながら一緒に楽しんでいきたいです。    <0.1歳児担当保育教諭>

カテゴリー 園のこだわり

4月1日(月)に入園進級式が終わり、いよいよ新年度がスタートしました!

新しい環境に戸惑う姿が見られた新入園児さんも日に日に園生活に慣れ、笑顔で過ごせる時間も多くなってきました。在園児さんも進級し『お兄さん、お姉さんになった!』という思いから、様々な面で積極的に取り組む姿が見られます。これからの子どもたちの成長がとても楽しみですね!今年度もみんなで楽しく、元気いっぱい過ごしていきたいと思います。

 

また、かんぎおんとしても認定こども園として新たな一歩を踏み出しました。これからも子どもたちの成長を近くで見守らせていただきます。引き続き、よろしくお願い致します。

 

<以上児担当保育教諭>

カテゴリー 園のこだわり

思い出

2019.03.20

園生活も間もなく終わりを迎えようとしています。

子どもたちの中にはどんな思い出が残っているでしょうか。

沢山の行事を終え、友だちと力を合わせることの難しさや 大切さ、

楽しさを感じそれぞれが大きく成長しました。

この仲間たちと過ごした様々な思い出を忘れずに、

これから始まる新しい生活に沢山の期待を持って

卒園していってください。

別れはとても寂しいですが、子どもたちが安心して

自信を持って巣立っていけるよう笑顔で送り出したい

と思っています。

ありがとう さくらさん。  卒園おめでとう!

 

 

カテゴリー 園のこだわり

2歳児さんの延長保育では、3歳児以上児さんの部屋で一緒に過ごす時間があります。自分たちの部屋とは違う、様々なおもちゃのある以上児さんの部屋は、とても魅力的な空間であり、2階へ行く時間を楽しみにしています。
ほとんどの子どもたちが最初に行くのは、ブロックコーナーです。たくさんのおもちゃの中でレゴブロックが一番人気です。
始めの頃は、保育士や以上児さんの手を借りて作っていた子どもたちですが、最近では自分の作りたい物を自由に組み立てて遊んでいます。
小さなブロックに集中し、豊かな想像力で作る作品は素晴らしいものばかりです。

明日はどんな作品が出来上がるかとても楽しみです。<未満児延長保育担当保育士>

カテゴリー 園のこだわり

進級に向けて

2019.02.22

今年度も残すところあと一か月程となりました。
一歳児つくし組の子ども達は、進級に向け、2歳児たんぽぽ組の部屋でお昼を食べ、午睡までの時間を過ごしています。
一日目。いつもと違う部屋でお昼を食べることに、瞳をキラキラさせ、ワクワクした表情の子ども達でした。部屋は違ってもすぐ、自分のエプロンやコップを見つけイスに座り、いつも通り落ち着いて食べる姿に、生活の流れが身についていることを感じました。
たんぽぽ組の部屋の棚には、つくし組の部屋にはない、様々な楽しそうなおもちゃが入っています。「ごはんを食べたら絵本を見て待っててね」と話し、「おもちゃさんもおやすもなさい」と棚にカーテンをつけると、少し気にはなる様子も見られましたが、棚からおもちゃを出す子はおらず、食後は絵本を見て過ごす姿にも成長を感じています。
キラキラした瞳で日々、たくさんのことを吸収し、成長していく子ども達。
春、たんぽぽ組に進級する姿を思い浮かべ、保育士もワクワクしています。

  <0・1歳児担当保育士>

カテゴリー 園のこだわり

今日の食材

2019.02.08

「今日の食材は何だろう?」と、たんぽぽ組(2歳児クラス)では朝の会で、その日の給食やおやつに使う食材を子どもたちと一緒に見ます。4月から始めて一年近く、色々な食材と出会いました。たくさんの食材を覚えました。

始めは「今日の食材は〇〇です」とすぐ食材を見せ、触れてみたり、匂いを嗅いだりしていたのが、今ではちょっとヒントを出すと、「キャベツ!」「れんこん!」などと子どもたちの口からたくさんの野菜や果物、キノコなどの名前が次々と出てきます。時には珍回答も出ます。物を見せず、匂いだけを嗅いで当てる時もあります。当たった時の子どもたちの嬉しそうな表情を見るのが私は好きです。

「楽しく食べる」ということを一番に考え、毎日食事をしていますが、直接食材に楽しく触れることで、さらに「食」への関心を持ち、また作ってくれる人への感謝の気持ちを持てるようになり、楽しい食事へと繋がると思います。
給食の先生も、毎日色々考え食材を選んでくれたり、切り方、どの部分を出すかなど考えてくれます。
これからもたくさんのおいしい食べ物と出会い、楽しく食事をし、大きく大きく成長していく子どもたちを見守っていきたいと思います。
<二歳児担当保育士>

カテゴリー 園のこだわり

「何の歌を歌おうか」と保育士が問いかけると「バス」(バスごっこ)や「まめま」(まめまき)など、言葉を使って答えてくれたり、印象に残っている部分の手あそびを使ってリクエストをしてくれます。今月は「コンコンクシャンの歌」や、「雪」などを歌いました。ベビールームの子どもたちも、手を叩いたり、じっと見つめたりして楽しんでいます。

子どもたちが笑顔で歌を歌う姿に私自身も元気をもらいます。これからもこの時間を大切にしていきたいです。
〈0.1歳児担当保育士〉

 

カテゴリー 園のこだわり

年末年始の休みも明け、子どもたちの元気な声が園に戻ってきました。

さて1月8日~10日の3日間は「郵便屋さんごっこ」がありました。友だちのことを考えながら絵や文章を書き、帽子をかぶると目を輝かせながら各クラスに配達に行っていました。

また手紙が届くととても嬉しそうに見ていました!

2019年もたくさんの友だちとの関わりを楽しんでもらいたいです!今年もよろしくお願い致します。

〈以上児担当保育士〉

カテゴリー 園のこだわり

今年も押し迫り、大人たちはなんとなく忙しく感じる今頃、子どもたちは元気に過ごしています。

延長保育では例年と違い、前半はたんぽぽ組さんも一緒に二階で遊び、お迎えを待っています。

四時半前に三歳以上児さん3・4人がお当番となって迎えに行きます。

指名されたくて...早くたんぽぽ組へ行ってお手伝いしたくて...

 片付けや靴下を履かせたりして、階段に気を付けてはりきって連れてきてくれます。

「おねがいしま~す!」かわいい声とニコニコ顔で入って来るたんぽぽ組さんは、レゴブロック・色ぬり・パズル等々、お兄さんお姉さんに交じって遊んでいます。

 

先日のおゆうぎ会もそうでしたが、成長を感じるこの頃ですね。  <三歳以上児延長担当保育士>

 

カテゴリー 園のこだわり

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 28 29 30

バックナンバー