園のこだわり

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 23 24 25

子どもの力

2015.05.08

新年度が始まり、一ヶ月が経ちました。四月当初は保育士に抱かれ、ポロポロ大粒の涙を流していたお友だち。その姿を見て「ぼくも、わたしもだっこして!!」としがみついてきたお友だち。そんな子どもたちの泣き顔も、今ではたくさんの笑顔に変わってきました。安心した様子でかわいい笑顔を見せてくれる子どもたちの姿に嬉しさを感じると共に、柔軟な心であっという間に吸収していく力や伸びていく力強さに、感動する毎日です。

 

「やってみたい」「できた!!」「楽しい!!」・・・毎日成長していく子どもたち。まだ時々おうちの方に会いたくなって涙が出てきてしまうこともありますが、それぞれのお子さんのペースを大切に、元気いっぱい遊んでしっかり食べ、ゆっくり眠って安心して過ごせるように見守っていきたいと思います。

 

<0.1歳児担当保育士>

カテゴリー 園のこだわり

新年度がスタートし、かんぎおんにも子どもたちの元気な声があふれています。

 

今月6日から、園開放・あそびの広場も新たにスタートしました。今年度から園開放は各週2週間になり、昨年より長い期間 遊びに来て頂けるようになりました。 今年は何人のお友だちに出会えるか、とても楽しみです。

 

かんぎおんでお待ちしております。

 

<園開放・一時預かり担当保育士>                               

カテゴリー 園のこだわり

  新年度が始まりました。

喜びと期待がいっぱいの反面、少し不安を抱えながらのスタートです。でも子どもたちはその不安を消すかのように入園・進級の嬉しさで笑顔いっぱい生き生きと元気に遊ぶ姿が見られます。

泣いている子も見られますが、きっと少しずつ慣れていってくれることでしょう。個人差はありますが、子どもたちは新しいこと、興味あることへの順応性は素晴らしいものを持っています。そのことを信じて保育園生活が楽しめるように見守っていきたいです。

 

一人ひとりの個性を大切にしながら、集団生活で必要なこと、得ることを丁寧に教え、卒園の時しっかりと自立して巣立っていかれるようサポートしていきたいです。

 

<以上児担当保育士>

カテゴリー 園のこだわり

卒園式も終わり、早いもので今年度も残すところあとわずかです。

ここ数日は暖かい日も続き、春を感じる嬉しい季節となりました。

 

たくさん体を動かし、たくさんの行事を経験し、友だちとともに楽しく遊び、時にはけんかもして過ごした一年間。子どもたちは心も身体も大きく成長しました。

いつも全力で取り組んでいる子どもたちの力強さは素晴らしいものです。

 

春は新しく始まる季節。

これからもたくさんのことにチャレンジしてね!

子どもたちの活躍がとても楽しみです。

(3歳未満児延長保育士)

カテゴリー 園のこだわり

卒園式前日の今日、さくら・ひまわり・すみれ・たんぽぽの4クラスで、上田公園に行ってきました。

春らしい陽気の中、ゆっくり遊べてとても気持ちが良かったです。

 

さくらさんはすみれさんと、ひまわりさんはたんぽぽさんと手をつないで歩きました。小さい子はお兄さんお姉さんに頼りながら。大きい子は小さい子を守ってあげながら。そんな姿はとてもほほえましく、安心して見守る事が出来ます。

散歩先でも大きい子たちが遊びをリードしたり、逆に小さい子の遊びに付き合ってあげたり…〝楽しい遊びを見つける力〟〝それを提案し、引っ張っていく力〟そして、〝友だちを思いやる気持ち〟が育っていることを感じますね。

 

そんな頼もしいお兄さん・お姉さんも明日で卒園です。

 

さくらさんおめでとう!そして今まで本当にありがとう!!

(3歳未満児担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり

クラスへ食べに行った時によく「このお皿の料理は誰が作ったの?」と聞かれることが多く、いつもは担当者の名前を言っていたのですがこの日は「みんなでだよ」と答えたところお友達の顔は「??」になってしまいました。

こどもにしてみたら単純に「あの先生が作ってくれた!」と喜び顔を思い浮かべ納得したかったのかもしれません。

どうして「みんなで」と答えたかというとお皿の料理が出来上がるまでさかのぼって考えると沢山の人が携わっています。そう思うと一人の担当者の名前だけを言うことはできなくなってしまいました。

沢山の人が協力しあうことでおいいしく給食が食べられる。毎日が当たり前のように過ぎていってしまいますが、感謝することを忘れないようにこれからも給食を作っていきたいです。

 

給食室  調理員

 

カテゴリー 園のこだわり

お遊戯室の片隅にある絵本コーナーは、子どもたちがゆっくりくつろげる子ども用ソファーがありますが、長年の使用でソファーの布が破れてしまいました。市販されている手頃のカバーもないため、保育士の不要となったエプロンで4枚作りました。

 

これでまた暫くの間、子どもたちが大切に使ってくれる事でしょう。

 

(フリー保育士)

カテゴリー 園のこだわり

毎月の献立を立てる時、栄養のバランスや食材の組み合わせなど気をつけることや、何にしようか迷った時には子どもたちの笑顔や喜ぶ姿を思い浮かべながら考えています。それをふまえながら今、作成中なのが3月の献立です。いつもとは違いさくら組さんが希望するメニューがたくさん入っています。保育園での残り少ない給食の時間が「楽しかったな」「おいしかったな」など少しでも思い出に残ってくれたら嬉しいです。なので3月はいつも以上に気合を入れて作りたいと思います。

(給食室 栄養士)

カテゴリー 園のこだわり

仲直り

2015.02.12

A君は年中さん、B君は年少さん、とても仲良しです。

ある日のこと、泣き声が聞こえるので保育士が行ってみると、積み木コーナーでB君が大泣きしています。泣いているB君に、A君が「大丈夫だから泣かないで」と声を掛けたり、涙を拭いてあげていました。泣かせてしまったC君にも、「ダメだよ!小さい子をいじめちゃ」と言っています。

少し落ち着いてから今までの経緯を聞き、「どうしたら仲直り出来るかな?」と問いかけてみました。すると、「ごめんね!仲間に入れて」「いいよ、一緒に遊ぼう!」のやりとりですっかり仲直りが出来ました。

 

A君に、「どうしてB君を助けてあげたの?」と聞いてみると、「だってぼくお兄ちゃんだからね!」という答えが返って来ました。A君はいつの間にか心も身体も成長し、たくましくなっていたのですね!

 

これからも子どもたちの成長を楽しみにしながら、見守って行きたいと思います。

(3歳以上児 延長保育担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり

今回は「栄養士」についてお話をしたいと思います。

「栄養士」は保育園の他にも老人福祉施設や病院、会社の社員食堂等で活躍をしています。最近では直接給食業務に携わらない薬局やエステサロンでも見かけるようになりました。それぞれ特徴はありますが保育園は、ほとんどの人が人生で初めて集団生活を送る場所であり、その中で色んなことを経験し、成長していく所です。それは「食」に関しても同じことだと思います。その経験が良い思い出に、今後の人生にプラスになる様に。そして何よりも子どもたちが可愛すぎる!!

私が保育園の栄養士になった理由です。

(給食室  栄養士)

 

カテゴリー 園のこだわり

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 23 24 25