園のこだわり

  1 2 3 ... 12 13 14 15 16 17 18 ... 23 24 25

夏を満喫♪

2013.08.09

 夏といえば、お祭り!ということで、当園でも先日夏祭りがありました。この日のために、子どもたちが作り上げたおみこしを担いで園周辺を回ったのですが、暑さにも負けず、子どもたちの『わっしょい!ピッピッ!』という元気な声が響き渡っていました。『もう少しで保育園だ、頑張るぞ!』と最後まで弱音をはくことなく歩くことが出来た子どもたちは、達成感を味わえたようで、またひとまわり大きくなったように感じました。

夕方は、子どもたちも楽しみにしていた縁日ごっこがあり、お昼寝起きの目覚めの良さは、今年一番でした!今までは以上児クラス中心の夏祭りでしたが、今年からは未満児クラスの子どもたちも参加できるようにしたので、園全体で楽しい雰囲気を味わうことができました。これからも様々な行事に参加し、素敵な思い出を増やしていって欲しいと思います。

ちなみに…子どもたちの一番人気はやっぱり“かき氷”でしたよ!

(以上児担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり

プール遊びが大好きなたんぽぽ組さん(2歳児)です! プールをより楽しんでもらえるよう、自分だけのペットボトルシャワーの製作を行いました。 四角と三角に切ったビニールテープと油性のマジック を用意し、思い思いに貼ったり、 書いたりし仕上げました。 穴(シャワー用)が開いていると いうことに気づき、穴を避けて テープを貼る子や綺麗に並べてテープを貼る子など私たち 保育士も驚かされる場面も ありました。 大人が同じ道具を使って作っても子供たちのような 作品には仕上がりませんよね。 “自分だけ”というものがあるだけで子どもたちも安心して 遊びに夢中になることが出来ます。 これからも子どもたちの様子を見守り、安全に楽しく 遊びを展開できるようにしていきたいと思います。 (2歳児担当保育士 )

カテゴリー 園のこだわり

 今は午後2時です。つくし組さんは、全員スヤスヤ眠っています。  それもそのはず、午前中はプール遊びを満喫し、給食をお腹いっぱい食べたので、みんなぐっすり眠っています。日々の保育の中で休息にあたるこの時間もとても大切です。毎日元気に遊ぶ為にも疲れを残さず体調を整え、元気を充電する時間だからです。  そしてふと目を覚ましても保育士がそばにいて、優しく背中をトントンすると、また安心して眠る事が出来ます。保育園が小さな子どもたちにとって、安心出来る場所だと、信頼を寄せてくれるのも嬉しい限りです。なんと言っても、こんなにかわいい寝顔を見せてもらえるのも、私たち保育士の幸せのひとつです。  それではもう少し おやすみなさい。  (0,1歳児担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり

 

 梅雨が明けてからあっという間に季節が夏に変わり、暑い日が続いていますね。子どもたちは、やっと入れるようになったプールを楽しみながら毎日元気に過ごしています。



 そんな子供たちですが、先日、7月26日の夏祭りで担ぐおみこし作りを始めました。


 初めは少人数の話し合いで、自分がどんなおみこしを作りたいかを考えて発表しました。次に、みんなから出た意見をまとめたものの中から自分が作りたいものを考えて多数決をしました。そして、ついに子どもたちみんなでおみこしを決めることが出来ました。

 そして、色を塗り始めた日のこと。子どもたちは自分の塗りたいもののところに集って色を塗っていました。楽しく色塗りをしている中、さくら組さんは勿論のこと、ひまわり組さんも「ここはこうやって塗るんだよ」とすみれ組さんに優しく塗り方を教えてあげている姿があり、とても嬉しく思いました。また、自分が塗ろうと思った部分に真剣な目で色を塗っている子がいて、一生懸命おみこしを作っているんだなと感じました。真っ赤なてんとうむしと、カラフルな夏野菜の色を塗り終わると「できたー!!」と嬉しそうな声があがり、ニコニコな子どもたちでした。

これから個人製作もあり、もっともっと大きく賑やかになっていくおみこしの完成が、子どもたちも、私も今からとても楽しみです!!

 

カテゴリー 園のこだわり

 最近のベビールームのお友だちは入園当初に比べ、ハイハイ・ずり這い・伝い歩き、更には5~10歩ほど歩ける子もいたりと、自ら動ける子が増えてきました!そのためお部屋にいると「外に出て動きたいよ~」と言わんばかりに戸や窓にはりつき、開くのを今か今かと待ちかまえています。

 一人の子は、芝生の所にある未満児用のアンパンマンのすべり台に向かってハイハイ。階段に手をかけたままなかなか登りません。しばらく観察していると「@?%6&#0”!」と言い(何て言ってたのかな?笑)意を決したように登りだし横向きで「シューーーー!!」楽しかったのか、ニコニコしながらかえってきました!

 こうやって自ら色々な経験をしていくことで、良いこと・悪いこと・好きなこと・嫌いなことなどが分かってきます。人に教えられて分かっていくこともありますが、自分で学んだことのほうが、そんなにすぐには忘れないと思います。私たちは、そんな自ら発見し、学べる環境を日々作っていければと思い保育しています!

 とっても探索が大好きな今のベビールームのお友だち。どんなことを学んで、どんな子どもになっていくのかがとっても楽しみです!!

カテゴリー 園のこだわり

 先日はお忙しい中、保育参観にお越し頂きありがとうございました。

 今回は、参観の日を2日間に分けたり、未満児クラス(1.2歳児)の参観も設けてみました。

 未満児クラスは、お家の人が来ると、いつもの様子と違い泣いてしまう子や、お家の人の近くに行ったり、膝に座らせてもらう子がいたり、いつもと違う雰囲気の中、静か~におやつを食べ、お歌を歌い…終始緊張して過ごしていました。

 以上児クラスは、合同での朝の会や、クラスごとコーナー遊びやゲーム遊び、さくらさんは太鼓の練習も見てもらい、ますますやる気につながったようですよ!7月26日(金)の夏祭り本番が楽しみですね。

いつもの姿ではない姿もあったと思いますが、どんなことをしてどんな風に過ごしているのか、少しでも見て頂けたかな、と思います。

また、参観後の懇談会は、初めて3クラス合同で行いました。その中でたくさんの感想や意見を頂きました。

◎参観出来る日を2日間に分けてもらい、人数が少なくて見やすかった。

◎参観出来る日が2日間あるのなら、兄弟がいる家は2日間きても良い事にするのはどうか。

◎懇談会を3クラス混合でやることで、いつもと違う先生の話が聞けて良かった。

◎懇談会で、年少から年長までいるが、小学校ごとに分かれて話をするのも良いのではないか。

上記の他にも、様々な年齢の子と関わり、自然に接する環境がとてもほほえましかった…など、日々の保育についてもたくさんお話して頂きました。

また、これからの行事や日々の保育に役立たせて頂きたいと思います。今回お話出来なかった事なども、日々感じることがあれば教えて下さいね!いつでもお待ちしています。

(3歳未満児担当保育士)

※保育園の裏庭のあじさいが今年も咲きました。

 とても綺麗です。まだ咲き始めですが、ぜひ見てみて下さいね!

カテゴリー 園のこだわり

好奇心に満ちた子どもたちは、外遊びが大好きです。 

 

最近のつくし組(1歳児)は、それぞれに好きな遊びやお気に入りの場所が出来て、子どもが自分から遊び始め、その楽しそうな様子を見て他の子がその遊びに入っていく姿も、多く見られるようになりました。

 お気に入りの場所とは、園庭の隅っこなのですが、この広い園庭の隅に、たくさんの子どもたちが固まって遊んでいる姿を良く見掛けるので、何に興味を持っているのか、見守ってみる事にしました。

 その場所には歌碑が置かれていて、両側にパンダとゾウがいるのですが、その動物の口にご飯をあげるまね(見立て遊び)をしたり、アリやダンゴムシを探したり、高低差のある地面をすごく喜び、友達と笑い合ったり、とても楽しく遊んでいました。

 またこんな事もありました。

ひまわり組(年中)のお姉さん達が遊びに入って来て、歌碑を見ながら園歌を元気よく歌い始めました。その楽しそうな姿を見ていた1歳児のAちゃんが、覚えたての言葉で『もう1回 』と言ってリクエストし、周りにいたBちゃんCくんも一緒に園歌のリズムにのって楽しそうにしている姿が、とっても微笑ましかったです。

子どもたちの遊びや発見は無限にあります。子どもは色々な事を発想するので、遊びが広がり面白くなるのですね。これかも子どもたちを見守り、子どもの発見を大切にしていきたいと思います。

   【0・1担当保育士】         

 

カテゴリー 園のこだわり

 先日 すみれ、ひまわり、さくら混合の3チームをつくり、以上児全員で「まちがいさがし」というゲームをしました。 ステージに各チームの代表5名があがり、みんなは代表の子どもたちをしっかり覚えます。幕を閉めたら変身タイム。 幕の中で代表者は 上履きを脱いだり、着ているシャツを裏返したり、試行錯誤しながら 間違いを5つつくります。

 幕が開くと 子ども達は もう夢中!

 「あ、靴下脱いでる」 「しっ!大きな声で言っちゃダメ!」 「あれ?半ズボンじゃなかった?」 「ちがう、ちがう」 中には「顔・・・かな?」なんて声も・・20~30秒で再び幕が閉まり、チームで相談。答えがそろったところで幕を開け 答え合わせ。

  

とても単純なゲームですが このゲームには大切なことが隠れています。

 1、お友達をよく見て 変化に気付く

 2、お友達と相談して 発表する

 この「見る、聞く、気付く、話す」は 保育園、小学校だけでなく 社会に出てからも 大切なコミュニケーションスキルです。

 これからも こういった遊びを通して子ども達に楽しくスキルアップできる場を与えていけたらと思います。

                                                         以上児フリー保育士 

 

カテゴリー 園のこだわり

 

 外遊びが大すきな子ども達…「お外へ行くよ!」と声を掛けると、1才半を過ぎる位のお友だちは、くつ下入れから自分のくつ下を持ってきてはこうとしたり、お友だちのくつ下を持ってきて「どうぞ」と渡してくれたりと、どんどん用意を始めます。

 テラスに出ると、今度は下駄箱から自分のくつを出して来ます。早くお外に出たくて急いでくつをはこうと足をくつに入れたり、マジックテープをはがしたり、保育士にくつをさし出す子もいます。そんな時は『「お願い」「やって」って言おうね』と伝えています。

 ある日の事、一生懸命自分でくつをはこうとしているAちゃんのところへ、Bくんがくつを持っていきました。そして「お願い」と言ってくつを差し出すと、Aちゃんはすぐに受け取り、Bくんにくつをはかせてあげようと夢中になっていました。

 また他の日には、並んでいる三輪車が出せなくて「やって」と、Cちゃんにお願いしているDくん、それに答え三輪車を引っ張り出している姿…何とも可愛らしい光景でした。

 言葉でお友だちや保育士に自分の気持ちを伝える事はまだ難しい時期の子ども達ですが、自分で出来るところは自分でやろうとする気持ちを大切にしながら、もしひとりでは出来ない時、出来ない事があっても、言葉で伝えることによって困った時手をかしてもらえるという安心感がもてるように、受け止めて行きたいと思っています。 また、こんな時にはこういった言葉で自分の気持ちを伝えていけばいいんだといった事も学んでいけるよう、日々の生活の中で、場面に応じて伝えていきたいと思います。

(0.1歳児担当保育士)

 

カテゴリー 園のこだわり

今年度からヒップホップダンスに在園児さんが専用の時間で参加しています。

 ヒップホップのある日は「せんせい、きょうはヒップホップやる?」と朝から目がキラキラしている子どもたち。子どもたちはヒップホップの時間が大好きなのです。ヒップホップの先生は「ちーちゃん先生」です。ちーちゃん先生と一緒に汗をかきながら楽しく体を動かします。ヒップホップが始まると大喜びの大興奮です。

 普段の園での生活も楽しいのですが、こういったいつもと違う楽しみは子どもたちにとって、とても嬉しいことだと思います。子どもたちのはじける笑顔が見ることができるので私も毎回のヒップホップがとても楽しみです。

                       (以上児担当保育士)

*未就園児さん対象のヒップホップも行っております。

  親子で楽しめる内容となっております。

  詳しい日程はホームページ「地域の皆様へ」の日程表をご覧ください。

カテゴリー 園のこだわり

  1 2 3 ... 12 13 14 15 16 17 18 ... 23 24 25