園のこだわり

調理員の休憩室

2015.09.25

延長で残っている子どもたちがおやつを食べる時、お皿を私たちの休憩室に持ちにきます。 足音が扉の前で止まり、耳をすませているといつもは扉をトントンとたたく音がするのですが たまに「先生・・・こわい・・・」という声が聞こえてきます。ふだんは「開けちゃダメだよ」 と言われているので中の様子がわからないこともありそういった気持ちになるのかもしれません。 しかし、慣れてくるとこんどは「私がトントンするの」と数人の声が聞こえてくるのです。 そんな時は以上児さんが未満児さんに譲ってあげたりするので、こちらが扉をあけると とてもいい笑顔で立っていてくれます。 この数分が微笑ましく、私にとってとても大切にしたいひとときなのです。 (給食 栄養士)

カテゴリー 園のこだわり