園のこだわり

子どもから教わったこと

2011.07.28

 ある日の給食の時間のことです。私はいつもの様に調理を終え、以上児のクラスへ給食を食べに行きました。私が席に座ると前の席にはパンの袋を開けるのに手こずっている年少児のAくんが。私はすかさず「開けてあげようか?」と声を掛けましたが「大丈夫!!」とAくんが言ったので見守ることにしました。しかし絶対に開かないような開け方をしているAくん。それを見ながらやきもきしているとAくんの隣に座っていた年中児のBちゃんが「開けてあげるよ」、Aくんは何も言わずにパンを渡し、開けてもらうと嬉しそうな顔で私に「お姉ちゃんに開けてもらった」と言ってきました。また別の日に給食を食べに行くと近くにはAくんがいました。食べている途中、汁をこぼしてしまいズボンを履き替えに行き、帰って来る時に給食を持ったCくんにぶつかってしまいました。私は注意しようとAくんに話かけようとした所、現場を見ていた年長のDくん、Eくんがとても優しい口調でAくんに「気を付けてね」と注意をしていました。私は二つの経験をAくんのおかげで学ぶ事が出来、見守ることで子ども同士助け合い、成長していくのだと知り、見守ることの大切さを実感しました。これらの経験をこれからに繋げていきたいと思います。またAくんにはこのような経験を沢山してもらい、お兄さんになった時に同じことを伝えていってくれたらな、と思います。 (栄養士)

カテゴリー 園のこだわり