園のこだわり

 残りわずかな日々

2013.03.15

 年長さんは就学に向けて、大きな集団から離れてクラスで活動することが多くなりました。午睡をしない日もあり、歌の練習や制作をしたりゲームやお散歩に出かけたりしています。給食の先生と一緒に、その日の園のおやつ作りをお手伝いするクッキング保育も、自分たちが作ったおやつをみんなに食べてもらい、喜びの一つとなっています。また、給食では2つのグループに分け一週間こどに交代して、そのグループだけで別のお部屋で食事をしています。子どもたちはクラス全員での活動を楽しみにしていて、「今日はお昼寝する? しない?」 「しないよ」 「やったぁ!!」という会話をし何をするのも”さくらさんだけで”という事が嬉しい様です。

 思えば年長さんになった4月は容姿も仕草も幼さが残り、年長という期待と不安で葛藤していた日々。小さいお友だちのお手本になろう、かっこいい年長さんになりたいと頑張っていました。悩み、苦しみ、泣いたり、褒められたり、頼られたり、笑ったりしながら、それぞれが乗り越えなければならない課題を自分で考え、乗り越え成長してきた姿が今ここにあります。大きく大きく成長しましたね。その姿を見ると感無量です。

 これから先も自分らしく、自分の力で生きていって欲しいと思います。こんな素晴らしい子どもたちと過ごせた日々は、とても楽しく大切な宝物になりました。本当にありがとうございました。  〈以上児担当 保育士〉

カテゴリー 園のこだわり