園のこだわり

行事を通して

2012.11.16

朝夕寒くなってきましたが、保育園の周りの山々もとても綺麗に色付き、散歩も楽しい季節ですね。

さて、少し前の話になりますが、以上児クラスは、10月は行事が盛りだくさんでした。運動会から始まり、消防署見学・さつま芋掘り・祖父母参観日・さくら組さんはりんご狩りもありました。

そんな行事の際、以上児クラスでは、その日の持ち物や出発する時間など、おたよりでもお知らせしますが、帰りの会などで子どもたちにも伝えています。そうすると、子どもたちも持ち物を覚えて家の人に伝えたり、年長クラスでは、自分で意識して用意している子も増えているようです。

小学校へ行くと、自分で用意すること・伝えることがもっともっと増えてきます。保育園にいる今のうちから、少しずつ慣れて行けるといいですね。

一つ一つの行事を経験するたび、乗り越えるたびに、様々なことを感じ・知り・学び、そしてそこから『これから必要になってくるたくさんのこと』を身に付けていきます。

今は、12月1日(土)に行われる“おゆうぎかい”に向けて練習を頑張っている子どもたち。また練習・本番を経験し、どんな成長を見せてくれるか、とても楽しみです。     (主任保育士)

カテゴリー 園のこだわり