園のこだわり

こんなに出来るよ!

2012.01.20

早いもので、あと2ヶ月ちょっとでたんぽぽ組(2才児クラス)へ進級するつくし組(1才児クラス)の子ども達。生活のながれもよくわかってきて、次に何をするのか考えて動く事が出来るようになってきました。おやつ、給食を食べ終わると、コップやエプロンなど自分の袋の中へしまい、それが終わるとすぐオムツ替えコーナーへ。保育士の「オムツ替えるよ」という声掛けも減り、子ども達の方から「せんせい!オムツ!!」と言って、ズボンを脱ぎ始めるようになってきました。でも、中には遊びたい気持ちが強く、保育士の声掛けに耳も傾けず、なかなか替えようとしない子もいますが、オムツ替えをした子から先生が読んでくれる本を見る為に、違うコーナーへ次々に行ってしまうと、周りを見て焦り始め、慌ててオムツも替え、ズボンもはいてしまい、「えっ!もう出来たの!」と思う事が多々あります。促されてやるより、自分で気付き、《やらなきゃ!》と思うと、やる気もスピードも全く違ってきます。普段から、誰がどの程度出来るか、また、その日の様子を把握するとともに、どこまで手だてや声掛けをし、どこまで見守るかということが、とても大事になってきます。自分の力で出来た喜び、出来た事で保育士に褒められ、次のステップや自信につながれば嬉しいですね。(0、1才児クラス担当保育士)

カテゴリー 園のこだわり