園のこだわり

  1 2 3 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

ー実りの秋ー

2011.10.14

  食卓に並ぶ”食べもの”が、どのように栽培されているか、どのように成長するのか、皆さんのお子さんは知っていますか? 今の時代、本当の食育を進めるには体験してみる事が一番です。子どもたちの食べ物のへの興味をより引き出す「季節の行事」も、実は食育の一つです。 先日、サツマイモ掘りで、子どもたちが大切に育ててきた”サツマイモ”を手に子どもたちの目はキラキラしていました。今後、給食のメニューでもサツマイモを使ったお料理が(スィートポテト・大学芋・芋餅・お味噌汁…など、祖父母参観日に一緒に食べる焼き芋もそうですね。)盛沢山です。自分たちの手で収穫したサツマイモ料理を前に話もはずみ笑顔もこぼれることでしょう。楽しく食べる事が良い栄養となり健康で丈夫な元気な子どもたちを育てています。これからも子どもたちにとって”楽しみにできる”給食を目指していきたいと思っています。 (パート 栄養士)

 

 子どもにとって遊びも学びも一緒。実際の体験をとおし、楽しい・嬉しい・大変だ!などの気持ちが上乗せされて記憶されていきます。ならば楽しい体験でプラス思考的な記憶となって欲しいですね。少なくともマイナス思考的な記憶は思い出した時に意欲に繋がりづらいでしょうから。 意欲を育て易い成功体験・楽しい体験が出来る機会を季節の行事やクッキング保育などで作っていきたいと思います。( 園長 )

カテゴリー 園のこだわり

  お友だちの存在がだんだん大きくなってきて、近くに行って同じ遊びを楽しんだり、友だちの持っている物がよくて取り合いになってしまったり・・・と、お友だちがいることで、いろいろなことを経験し、吸収しているつくし組(1歳児)の子どもたち。「○○ちゃんいないね。」など、お休みのお友だちのことを気にかけたり、何かできなくて困っている友だちを手伝ってあげようとしたりする姿も見られるようになってきました。歯磨きの時間は、友だちと同じ歯ブラシを見て「おんなじ!」と言ってとっても嬉しそうにすることも・・・。

運動会が近づいてきた時、子どもたちの大好きなアンパンマンの親子競技をすることになり、みんなでアンパンマンのお面をかぶってみることにしました。1人、2人、3人、とかぶっていくと、友だちの姿を見て「おんなじー!おんなじー!」と笑顔で喜び、手をつないで楽しそうに歌を歌い始める姿もみられました。

 お友だちの存在でより楽しさが増し、大人との関わりでは見られない姿を見せてくれる子ども同士の関わりを、これからも大切にしていきたいと思います。 (0・1才児担当リーダー保育士)

 よく「3才までは平行あそびが主流」と言われますが、上記の文章からも分かるように2才のお誕生日前後のお子さんであってもお友達が欠席していることに気付き伝えたり気遣ったり、同じであることに気付き共感して喜び合ったり、その他いろいろな関わりによる成長が見られます。昔の論文には小さい子に関する保育データが少なく、たまたま集計されなかったのかもしれませんね。毎日いろんな年齢のお友達を見たり、一緒に過ごす時間の多い保育園の子どもたちは、いろんな刺激を受け、とても良い経験を積んでいるのが分かります。こども同士の関わりを増やせるような(人的環境)関わりを保育士達はいつも心がけているからなのでしょう。(園長)

 

 

 

 

カテゴリー 園のこだわり

 伝承遊びのひとつ 「あやとり」。 親指、中指などを巧みに動かして指に絡ませ「こんな形になったぁ!!」と言いながら自分の想像力を膨らませて楽しむ姿。机の上に本を置きながら「星をつくりたい!」「蟹つくりたい!」「2人あやとり教えて!!」など1人でまた2人で交互にとりあって楽しむ姿。子どもたちの小さな手の中で見事な造形が日々繰り広げられています。「先生2人あやとり教えて」と、年長のAちゃんがあやとりの紐を持ってきたので早速一緒にやることになりました。ちょっと一緒にやるたげで、すぐに覚えてお友だちに教えたり、お友だち同士でとりっこができるようになります。 思うようにいかず「絶対自分で出来るようになるんだ!!」と何度も何度もやり直し、「先生できたぁ~!!」と見せてくれた時の満面の笑顔は達成感で溢れていました。(3歳以上担当保育士)

 

 たった1本の毛糸の輪っか。それがひとたび両掌の間でいろんな形に変化する様を見ると、とたんに目を輝かせて見入ってくる子どもたち、諦めるなんて言葉はこれっぽっちも考えません。次の日も次の日も挑戦し続けます。これこそがこの園の子どもたちの素晴らしい力なのでしょう。意欲と挑戦。結果、達成感から溢れ出る笑顔は、「素敵」そのものです。(園長)

 

 

カテゴリー 園のこだわり

 延長保育ではいつも子どもたちが興味を持って自由に製作に取り組めるよう材料を机の上に用意しています。 ある時A君が羽のついたかっこいいカブト虫を作り、得意そうに友だちに見せていました。それを見ていたB君が保育士の所に来て「先生、僕もA君みたいな羽のついたカブト虫が欲しい!!先生作って~」と言ってきました。保育士が作ってあげるのは簡単な事ですがB君自身に作ってもらいたかったので作り方のヒントを与え見守る事にしました。B君はカブト虫を作り始めましたが、なかなかうまく作れず何度も何度も頑張って作り直していました。そのうちどうにか不格好ではありますが「先生、カブト虫作れたよ!!」と、とても嬉しそうに見せにきてくれました。B君に「ひとりでカブト虫が作れたね、すごいね、頑張ったね。」と声を掛けてあげると、とても嬉しかったのか毎日作るようになりました。その努力の結果”羽のついたかっこいいカブト虫”を一人で作ることができ今では自分で作ったものをお友だちに「見て、このカブト虫かっこいいでしょう~」と見せられるまでになりました。それをきっかけに自信がついたのか消極的だったB君は意欲的になりました。園の目標の一つに〈がんばる子〉がありますが、これからも保育士が少しだけ手助けをして最後まで頑張れるように(自分のことは自分でできるように・・・)応援し、見守り続けたいです。 (延長保育士)

 

 何かのきっかけで、消極的だったお子さんが積極的になると笑顔もぱっと花開いた様な笑顔に変わってきます。そこを保育士達は見逃しません。やがて皆がそうなってくれることを心でいつも願っているからです。入園して3ヵ月、半年でも、1年でも手立てをしながらそのチャンスを待っています。 ( 園長 )

カテゴリー 園のこだわり

 平日は、16時~19時20分まで延長担当保育士がおります。お迎えの時間は各児違いますが、以上児の延長保育は各コーナー(積み木・製作・ごっこ遊び・絵本・粘土等)に分かれ好きな遊びをしながら、お迎えの時間を待ちます。私たち保育士はケガや事故のないように見守っています。延長保育スタート時、それまでお帰りの会をしていた部屋を主担の先生がお掃除をしますが、延長の子どもたちはお手伝いが大好き! 子どもたちに用意してあるミニホウキやちりとりでゴミをとり、雑巾がけをしたり・・・保育士がお願いすることなく自ら進んでおこなってくれます。普段から保育士の様子をよくみていたり、きっとお家でもやっているのでしょうか?!上手に楽しみながらやっていますよ。「ありがとう。」と声を掛けると、とてもいい笑顔が戻ってきます。私たちもニコニコさせられます。 (延長担当保育士)

 子ども達にとってのお手伝いは、「ままごと」の延長。 お母さんがしているお掃除や洗濯、お料理や買い物まで。日常生活の様々なことを見聞きしては言ってみたい!やってみたい!使ってみたい! やはり「学ぶ」は「真似ぶ」が変化したもの、子どもたちを見ていてそう思う毎日です。 (園長)

カテゴリー 園のこだわり

 ブロックが大好きな子どもたち。2歳児クラスで、「3匹の子ブタ」の絵本を読んでもらった日・・・Aちゃん: 「ブロックで子ブタのお家を作ろう!!」 Bくん  Cくんと一緒に作り始めました。Bくん: 「わらは飛ばされちゃうんだよね」 Cくん: 「そうそう!」楽しい会話の中、子どもたちの想像力がフル回転!創作意欲も満々!!見事に出来上がった子ブタの家。3人の満足そうな笑顔。協力して遊ぶ心地よさがお互いに感じられたようです。Aちゃん: 「明日はジャスコ作ろう!」 Bくん: 「うん!!」子どもならではの発想のすごさに大人も笑顔にさせられますね。     (延長保育担当保育士)

 

 子どもの創造の泉は何処から湧いてくるのでしょう? 今回は読んでもらった絵本や連れて行ってもらったデパートの様ですね。 しかもどちらも楽しかった経験のようです。 この場面ひとつを捉えても、子どもたちに豊かな遊びや豊かな発想をさせたいならば、色々な経験が必要ということでしょうか。 また、いろいろといっても絵本では、実際体験できないようなことでも創造の中では出来てしまったりしますね。 親子で読む絵本は楽しさや優しさ、悲しさ、怒りや戒めなどを体験したり、お子さんと思いを共有する大切な時間ですね。たくさん読んであげましょう。(園長)

カテゴリー 園のこだわり

 暑い夏の午睡後のおやつは冷たい牛乳がとてもおいしく好評です。以上児クラスでは食事やおやつの時間に、青バケツ→床用・ピンクバケツ→机用(台拭き)を色別で備えてあります。ある日、A君はコップ半分程度の牛乳でしたが歩いていて、席に着くまでの間にポタポタと床にこぼしてしまいました。 A君は急いで青バケツから床用の雑巾を持ってきて、こぼれた牛乳を拭いていました。消極的なA君が慌てて拭いた姿は、誰かしらお友だちが毎日行っている事を見ているうちに自然と身に付いたのでしょう。自発的に行動に移せたことに彼の成長を見ることのできた日でした。こどもの為に分かり易い環境設定をしてあげる事が大切ですね。

カテゴリー 園のこだわり

 だいぶ前のことになりますが、私が以上児さんと遊んだ時のことです。私は1人の男の子の前で「指にはめた小さな輪が消える」という手品を見せました。すると、それに気がついた数人の子どもたちが集まってきて 興味深そうに私の手をみつめました。私がもう1度やってみせると、見ていた子どもたちが一斉に自分の指にはまるもの(積み木など)を探し、「僕もやりたい!」と詰め寄ってきました。多くの子どもたちは「もう1度やって!」とねだる子が多のですが、かんぎおんの子どもたちは「じぶんがやりたい!」と言うのです。タネを明かさず「もう1度やるから見てて」と言うと 前から横から後ろから・・と四方を囲まれてしまいました。その後も「どうやるの?」と聞いてくる子はおらず、1人1人が試行錯誤しながら挑戦していました。私は最後までタネを明かしませんでした。与えられたヒントで子どもたちが自分で考え、発見・成功した時の「出来た!」という達成感で満たされた笑顔はとても輝いていました。

カテゴリー 園のこだわり

暑い日が続いていますね。ベビールーム(0歳児クラス)の子供たちは暑さにも負けず今日も元気です。

歩くのが上手になった子、たっちができるようになった子・・様々ですが、共通して言えるのが「とにかくよく汗をかく!!」ということ。眠っていても食べていても、遊んでいても泣いても。子供って本当によく汗をかきます。

園では水分補給をこまめに行ったり、室温が31℃以上になると、28℃の設定で冷房を入れています。そしてこの時期に欠かせないのが「沐浴」です。ベビールームでは毎日、沐浴室でリフレッシュする時間を設けています。

最初の頃は抵抗があったり緊張した面持ちの子もいましたが、今ではみんな沐浴が大好きになり、ご機嫌スマイルになっちゃいます。汗疹などの皮膚疾患を防ぐだけでなく、さっぱりして気分転換にもなり、暑い夏を少しでも快適に過ごせるといいなと思っています。

保育士と一対一で触れ合う沐浴タイムは、心も体も気持ちが良くゆったりとした時が流れています。

私たちはそんなスキンシップの時間を大切にし、これからも子供たちの成長を見守っていきたいと思います。

カテゴリー 園のこだわり

  朝の外遊びが終わり,お部屋へ帰る途中,給食室の横を通りながら,毎日聞こえてくる「今日のごはん なあに?」「おやつはなあに?」という声。子どもたちが給食をとても楽しみにしていることがうかがえます。給食の時間・・・「おかわり どうぞ!!」の保育士の声に長い列ができます。特に人気メニューには大行列ができ,後ろの方に並んでいる子は,自分の分が残っているか,心配そうにのぞきこんでいます。どのメニューも大すきなので,一番に来て大盛りにして持っていく子,「後ろのお友だちのことも考えてね」と声をかける子・・・様々です。   そんな中,このような姿も見られます。大人気のからあげやエビフライ・・・残ったおかずは2つだけ,列の後ろの方にまだおかわりしていない子は3,4人。どうするのかな?と見守っていると「分けて食べよっ!」と小さく切って,並んでいるお友だち全員がおかわりできるように分けてくれたり,「これでいいや!」と小さい方をとって大きい方を年少さんに残してくれる年長さん・・・。友だちを思いやる姿に心が温かくなります。おいしい給食・・・からだも,そしてこころも大きくなりますね!!

カテゴリー 園のこだわり

  1 2 3 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26